リスニング能力の基礎力を高める

聞き取る力を養うために

日本人の多くが間違った発音で単語を覚えていることよくあります。学生時代、試験対策として、つづりをローマ字ベースで覚えるため本来の読み方ではない読み方で覚えている方も多いでしょう。つづり優先で覚えるべくTomorrow のことをトモロウと読むと聞いたこともあります。日本での英語教育の弊害のひとつですが、試験優先になるあまり実際に英語を使う場面、英会話することが目的になっていなかったことがあります。
また、学校で学んだ英語は、音読するときに単語ごとに区切って読むことがほとんどです。
教師が生の英語に触れたことがないまま教壇に立ち続けていることも見受けられます。多くの人が学校教育を中高大学と受けても英会話ができず、社会人になってから勉強を一から始めることが多くあります。

ネイティブ英語との違い

ネイティブの話す英語は、一単語一単語区切って発音するのではなく、文章の一連のつながりで話しているので、単語を一語単位で理解していても聞き取ることはできません。文章の中では発音しない音や、略して話させる言葉、単語の場合と文章の場合で音が違うものなどもあります。これらはそれぞれパターンとして、音として覚えるほかありません。
英語の発音の基本ルールと、文章のパターンを覚えておくと、リスニングの理解度は進みます。
リスニングの基本は、中学生レベルの英語で書かれた当たり前の文章を当たり前のように理解できること、そしてそれに対して、自分の考えや感じたことをすぐに答えられるようになること、それらを流れとしてできるようになるか、というところにあります。
実際に英会話として使えるようになるためには回答したり返答したりできる必要があります。
単にリスニング能力を高める=聞きとることができる能力、と考えるのではなく、聞き取った後に自分の頭の中で整理して考えて意見を出すことができて完成だと思っておくとよいでしょう。

アナウンスを聞く場合に必要になるリスニング能力

英会話の時に必要になる英会話用の英語とは別に、アナウンスを聞く場合に必要になるリスニング能力もあります。例えば、ニュースや街中のアナウンス、大学の講義だったり、講演だったり、TOEIC試験中に読み上げられる設問だったり。それらは英会話で必要となる、聞いて理解して回答するということは必要ではありません。
ここで必要となるのは、意味を理解すること、そして自分なりに解釈することです。
多くの方がたくさんの単語や構文を知っておかないと英文は理解できないと思い最初に、英単語や英熟語を覚えようとしますが、これは正しいやり方ではありません。最低限必要となる英単語を抑えておけば、あとは英文に慣れる、リスニングに慣れることが先決です。

ニュースサイトでリスニング能力を高める

リスニング能力を高めるにあたってアメリカ英語を学ぶならまずはこのVoice of Americaをチェックしてみるとよいでしょう。このサイトは、アメリカ政府が運営する国営放送のサイトです。もともと第二次世界大戦中に、日本やドイツ向けにアメリカ政府の意向と伝えるための放送局としてその役割を開始し始めました。
現在では、非英語圏の国や英語を話せない方向けに、英語のニュースやアメリカの文化や歴史を紹介しています。このサイトの特長は、一般的にアナウンサーが話すスピードの3分の2程度のスピードで話す英語放送があることです。そして、基本使用語彙1,500 語で読み上げられているという簡易な表現が用いられているので、初めて英語を学習する人でも無理なくリスニングの勉強教材として利用できます。アメリカの歴史から、最新の文化、

各国のニュースなどさまざまなコンテンツがあり、動画、音声も聞けるうえ、ポッドキャストなどでも情報提供されています。
のちほど紹介するディクテーション(聞いた文章を書き起こす学習方法)にも使いやすい無料教材としておすすめのサイトです。

Voice of America
http://www.voanews.com/

著名な講演からリスニングを学ぶ

英語特有のリズムを学ぶために、著名な講演を聞くことはとても重要です。アナウンサーの語り口は、これは日本のアナウンサーも同じですが、あまり感情のこもっていない音で読み上げていきます。アナウンサーが読み上げる文章を多く聞き取ることはリスニングの面では役立ちますが、自分自身が話したり、スピーチしたりするための英語を身につけるためにはあまり役立ちません。

オバマ大統領就任演説

アメリカのオバマ大統領が就任したときの演説です。
アメリカの人々を喚起させオバマブームを巻き起こした理由を感じることができる演説です。格調があり人々を魅了する文章で語られており、英語学習する際には一度は聞いておいてみたい内容です。

参照URL
http://www.youtube.com/watch?v=vp1iCIl4xVc

スティーブ・ジョブス 伝説のスピーチ

アップルの創設者のひとりで、アップルを世界有数の企業に押し上げたカリスマ経営者のスティーブ・ジョブスが、スタンフォード大学で卒業式辞を行った内容です。

ジョブスがすでに亡くなり多くのファンからはいまも伝説として語られている内容です。プレゼンテーションの極意が詰まっているとの評価から、ジョブスのプレゼンテーションを解説したビジネス書なども多数出版されており、リスニングを養うだけでなく英語でのプレゼンテーションを学ぶこともできます。

参照URL
http://www.youtube.com/watch?v=wKDmjLmLPGE

リンカーンのゲチスバークでの演説

アメリカの南北戦争時代、激戦地となったゲチスバークで行った当時大統領だったリンカーンの演説を再現したものです。たった272語のこのスピーチが、アメリカの歴史でも有数の演説となっています。

鑑賞URL
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=V4bM9geY0do

ちなみに、このときリンカーンの話した言葉を、太平洋戦争後日本に来たマッカーサーが日本国憲法の草案に採用しています。
Government is a sacred trust of the people, the authority for which is derived from the people, the powers of which are exercised by the representatives of the people, and the benefits of which are enjoyed by the people.
これを翻訳したものが日本国憲法の一文になりました。
『そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。』このような演説を聞くことで、アメリカの歴史も学びながら、英語の理解が深められることでしょう。

その他にもまだあるリスニング教材

TED

英語によるプレゼンテーション能力を高めるために役立つおすすめサイトはTEDです。
アメリカ発祥のプレゼンテーションのイベントTED Conference(テド・カンファレンス)。NHK E テレで放送があったのでご存知の方も多いでしょう。科学やIT、医療や芸術、文化など多岐にわたる分野の学者や第一人者が、それぞれの分野の自分のアイデアやノウハウを一般観衆の前でプレゼンする過去のプレゼンも見ることができます。

参照URL
http://www.nhk.or.jp/superpresentation/backnumber/

聞き取ったことを書き取るディクテーション

ディクテーションとは?

名文を聞く、その次に行うことがディクテーションです。ディクテーション(dictation)とは読まれた文章を、筆記していくことです。ただ単に聞いてなんとなく理解していることもあるかとあることでしょう。ニュアンスではわかっていても、実際細かなところまでは理解していない場合もあります。自分のリスニングがどの程度のレベルなのか理解するのに役立つのがディクテーショです。
単語単位での聞き間違いや聞き漏れ、それに前置詞の抜け落ちなどを確認することができます。

ディクテーションのポイント

ディクテーションのポイントは、まず自分のレベルに適した音声を選ぶことです。英単語の理解がすすまないままに、英語ニュースサイトの音声を聞いたりしていると、知らない英単語の意味を辞書で引き覚えるだけで時間がたってしまいます。ある程度の英文法や英単語を理解しているならそのレベルの音声を使うとよいでしょう。
さきほど紹介したVoice of America では基本使用語彙1,500 語があれば理解できるレベルなので初学者の方にお勧めです。

中級者以上の方なら、CNNなどのニュースで学ぶこともお勧めです。Voice of America がノンネイティブ向けの英語教材として簡単な内容ですが、CNNなどは基本的にネイティブ向けに話されている内容なのでより、実践的なリスニング能力を鍛えることができます。
テキスト文章を確認することもできます。数分あるニュースすべてをディクテーションするのではなく、一部分のみ、たとえば数フレーズだけ繰り返し聞く、30秒程度だけ聞くなど、パートを分けて書き起こししてみるとよいでしょう。

CNN Student News/Quick Guides & Transcripts
http://edition.cnn.com/US/studentnews/quick.guide/archive/

映画を使ってリスニング能力を養う

リスニング能力を養う方法のひとつに映画で英会話を学ぶというものがあります。ひろく一般的に言われている英会話学習法ですが、単純に英語の音声で映画を見たからといって英語が上達するものではありません。日本語字幕・日本語音声、英語字幕・英語音声を使い分けることで学習効果を高めることができます。
まず映画の選び方のポイントは英語字幕と日本語の吹き替えができる映画で、自分の好きな映画であることです。

英語字幕の映画を見る

日本語の日本語吹き替え版で英語の字幕付きで映画を観ます。
英語で語られている役者の言葉を通常通り見ながら日本語字幕を見るのではなく、日本語音声で聞きながら、英語字幕を見る、ということです。これによりストーリーや英文の詳細を理解していきます。

5分ほどのシーンを繰り返し

映画の中でも特に学びたい5分ほどのシーンを選び、英語音声、英語字幕で何度も繰り返し見るということです。
映画自体は何度も、英語音声、英語字幕でみること、そして翻訳の理解度を高めるために、日本語音声、英語字幕で見ることです。同じシーンを2つの方法で鑑賞することで、耳で覚えながら頭の中でも理解することができます。